日本空手道不動会

ラグビーワールドカップ2019

title
感想文

尾張旭支部 山口麻由(小学6年)


 私は、小学16の部で三位でした。
全日本で本戦まで勝ち上がったのは初めてだったので、とてもうれしかったです。三回戦目の対戦相手は、前の岐阜県大会で、私がKOされてしまった子でした。


 それが悔しかったので、毎日練習していました。結果はまた負けてしまったけど悔いはないです。

 私がここまでいけたのは、仲間の応援があったから、仲間の声があったからだと思え、今回の大会は勉強になりました。それに感謝したいことがあります。会場まで送ってくれたお母さん、大会に出場させてくれたお父さん、会場を貸してくれた人、駐車場を貸してくれた人、大会の準備をしてくれた館長たち、いろんな人に感謝しています。いろんな物を貸してくれる人、準備をしてくれる人がいないと私たちは試合が出来ないからです。だから、本当に皆さんには感謝しています。

 私は次の大会からは中学女子の部になります。身長・体重の大きい私は、いつも年上の人と対戦するので、今までよりもっとたくさん練習をして強くなります。しかし、勝ち負けだけにはこだわらず、悔いの無い大会にこれからもしてゆきたいです。あとは不動会をやっている以上、感謝の気持ちと、あいさつ、礼儀ただしさを忘れずにおこなっていきます。