日本空手道不動会

ラグビーワールドカップ2019

title
パチンッ

(特非)日本空手道不動会 特別相談役 江口勝夫


今、春真っ盛り。
花は咲き乱れ、小鳥たちは歌っています。
さぁ、ここで花は勝手に咲き、小鳥たちはメスを求めて鳴いているだけでしょうか?


いやいや。花は人の心を豊かにするため、短い命を精一杯咲かしていてくれる。

小鳥たちは人の心を楽しくするために、歌ってくれている。

と、考えられたら凄いとおもいませんか?

最近、こんな事がありました。

練習中の道場に、巡査二人と其のあと市民課の職員が訪ねてきました。

「路上に車を止め、乗り降りしている」との苦情があり話を聞きに来たと。

頭を下げ、練習生を時間差で帰し、少しでも分散して帰宅させる旨を話しました。

一応理解していただきましたが、近隣の方々には本当にご迷惑をかけています。

そして、考えました。どうしてだろう?と。

今まで、永い間(30年)同じ状態で苦情がなかったのは?

「子供たはち道場で心と体を鍛えていてくれる」と想っていてくれていたからでしょうか。

有難いことです。気付かせてくれた苦情に感謝します。

表題の「パチンッ」は手のひらを合わせて鳴らした音を表してみました。

その音は右手からでも、左手からでもありません。両手が合って始めて鳴ります。



右手(おとな側)

・この子は我が子としてよう生まれてくれた。

・こどもはすくすく育ってくれている。

・元気よく遊んでいてくれる。

・学校そして、塾にまでかよって勉強してくれる。

・こどもはこれからの日本、社会を担う大切な宝だ。

・こどもは各家庭に任せるだけではなく、地域社会で育てよう。

・こどもに声をかけていこう。

・こどもにあいさつをしてもらうと元気が出る。・・・等々



左手(子ども側)

・お父さんたちは私たちのために働いてくれている。

・お母さんは家を守り、おいしいご飯を作ってくれる。

・おじいちゃん、おばあちゃんは見守っていてくれる。

・先生は勉強を教えてくれる。

・医者は病気や怪我を治療してくれる。

・宅配のトラックは大事な荷物を運んでくれる。

・おまわりさんは私たちや町を守っくれる。

・店員さんは欲しい物を売ってくれる・・・等々



このような右手と左手の手のひらが合ってなる音は、いい音色だと想いませんか。

こどもは地域社会が育て地域社会の中で成長していく、こんな関係がさらに密になったら\
地域社会にもっともっと元気がでてきて、少子化が解消されるかも。・・・・・